侵入経路を知ってコウモリに侵入されないようにしよう

早期発見と早期対策が重要なポイント~コウモリ駆除業者を利用しよう~

住宅に侵入されていた場合の対処法

コウモリが住宅に侵入しているなら、1度落ち着くことが大切です。無許可でのコウモリ駆除は禁止となっているので、まずは正しい追い出し方法や再侵入の予防について知っておきましょう。

勝手にコウモリ駆除することはできない

コウモリは、屋根裏や倉庫などに住み着いては、さまざまな被害を与えますが勝手にコウモリ駆除をすることはできません。その理由は、蛾やゴキブリなどの虫を餌として食べているので、鳥獣保護法という法律によって無許可での殺処理は禁止となっているのです。そのためコウモリ駆除業者に依頼しても、殺処理はほとんど行ないません。侵入経路を徹底的に調べて、追い出しを行ない、戻ってこないように侵入口を塞ぐという施工をします。

コウモリ駆除業者を利用する

コウモリ駆除業者が行なう4つの作業

  • コウモリの追い出し
  • 清掃
  • 消毒
  • 侵入経路を防ぐ

再侵入されないために

男女

コウモリを追い出した後は、侵入した隙間を塞ぐことが大切です。この塞ぐという施工をしっかり行なわないと、追い出したコウモリが戻ってきたり、新しいコウモリが侵入してきたりすることがあるのです。ですから、追い出した後も安心せずに、隙間を塞ぐようにしましょう。シーリング材を使ったり、金網を設置したりする方法がポピュラーですが、住宅によっては外壁材を交換しなければならないこともあります。自分でやり方が分からないという場合は、コウモリ駆除業者に依頼するのも1つの方法です。コウモリ駆除業者なら、高所や狭所での作業も安全に行なってくれます。

コウモリの被害に遭わないためには、侵入されないようにすることが大事ですが、小さな隙間から侵入してくるので完全に侵入を防止するのは難しいです。ですから早期発見をして、すぐにコウモリ駆除業者に連絡をして早期対策をしましょう。

TOPボタン